終活をしよう

自分らしい人生の最期を迎えるためにも、中高年を中心に終活を始める人が増えています。終活セミナーでは、具体的に自分の最期について考えることができると人気が高まっています。そこで、終活をする上で検討しておきたいことをチェックしましょう。

終活で検討すべきことは?

講師
no.1

お金

終活をする上で、一番考えておきたいことがお金についてです。お金には生きている間に必要となるものと、財産など遺族に残すお金があります。特に財産分割などを行なうなら、事前に遺言書を作成しておく必要があります。権利書や口座などの名義や印鑑なども、健康なうちに確認をしておくことが安心です。

no.2

身の回りの整理整頓

家族などが意図せず亡くなってしまった場合、故人の所有物を整理するのが大変だという声もよく聞きます。家族に迷惑をかけないためにも、自分の持ち物は生前整理を行なっておきたいものです。少しずつ初めていくことで、負担なく荷物を整理することができます。

no.3

葬儀やお墓

自分の葬儀について、生前から相談する人も最近は増えています。そうすることで、自分が納得のいく葬儀を挙げることができますし、家族とも相談しながら決めていことが可能です。また、お墓についても場所や遺骨の保管について事前に検討して決めておきましょう。

no.4

エンディングノート

自分のこれからの人生についての計画を立てたり、家族と共有しておきたい情報をまとめたのがエンディングノートです。これを用意することで、自分の人生を改めて整理し、いざというときにも家族に必要なことをしっかり伝えることができます。

自分の最期を前向きに考える

自分の最期について考えることは、今まではタブーとされる傾向にありました。しかし、現在では健康な時から自分の人生の終焉を考えることで、より前向きで充実した人生を送ることができるという考えに変わってきています。身辺整理をしたり、お墓や遺産についても明確にしておくことで、今後自分にとって必要なこともクリアになってきます。

エンディングノートで書いておきたいこと

  • 親類・知人などの連絡先
  • 介護・医療について
  • 書類や手続きについて
  • 家族へのメッセージ
  • 人生の計画

終活セミナーのすすめ〜家族や自分のために最期を考える〜

花

エンディングノートの選び方

エンディングノートでは、自分が利用しやすい形のものを選ぶといいでしょう。また、日記などを書くのが好きなら、装丁やデザインにこだわることもおすすめです。書き手である自分の使いやすさだけでなく、家族が手に取った時にもわかりやすいものだと、より活用できます。

老人

終活セミナーで学べること

エンディングノートを用意するのも大切ですが、何から始めればいいのか、これからのことをどう考えていくべきなのか分からない人もいます。終活セミナーでは、お墓や葬儀について、そして財産などの相続について様々な知識や情報を教わることができます。また、寝屋川市では業者によって、自分の葬式を疑似体験できることができたり、葬式で必要となる遺影の写真撮影などを行なってくれる場合もあります。このような体験をすることによって、自分の葬儀に関して興味がなかった人でも、興味や関心が湧いてくることでしょう。しかし、一度に色々なことを聞いたり体験しようとすると、何から手をつけていいのか混乱してしまうケースもあるでしょう。まずは、自分の気になるものや、興味のあるものをベースにセミナーに参加してみるといいですよ。

神奈川で散骨葬を実施中

[PR]
葬式を寝屋川市で執り行なおう
評判の高い会社をチェック!

[PR]
遺品整理なら福岡で依頼
新着情報を確かめる

[PR]
横浜で好評な葬祭専門店
プラン価格が良心的☆

広告募集中